メンタルヘルス

【体験談】パニック障害 初期症状~重症化

前の記事で私がパニック障害になったキッカケを話させていただきましたが、ここではそこからどのように重症化していったかを書いていきます。参考にしていただき、同じようにならないよう気を付けてください。

●どこで治療を受ければいいかわからない

前回からの続きになりますが、私は会社を休職して自宅療養することになりました。初めは「一週間ぐらい休めばよくなるだろう」ぐらいの気持ちでいました。

このころはまだ自分がパニック障害だとわかっていなかったのでまずはめまいがひどかったので耳鼻科に行きました。その耳鼻科での診断結果が『メニエール病』した。耳のなかのリンパ液の異常だと言われました。そして薬だけもらいその日は帰りました。

その日から毎日メニエール病の薬を飲み始めたのですが、まったく症状はよくならず、それどころかどんどん悪化していく気がしました。

「これは何かおかしい」と思い、めまい以外のに動機や吐き気、強烈な死の恐怖もあったので一度しっかり検査してもらおうと思い大きい総合病院で頭などの精密検査をしてもらいました。

結果は「異常なし」でした。    ホッとしたと同時に「じゃあこの体調の異常はなんなんだ?」とわけがわからなくなりました。

その時の先生に初めて精神科に行くことをすすめられました。その時私は体の不調なのになぜ精神科に行かなければいけないのかわからず(精神科に抵抗があったのもあり)その先生の勧めを無視して他の原因を探そうと内科をまわりました。しかし、結局どの内科に行っても原因はわかりませんでした。

それからというもの、パニック発作は毎日何度も起こるようになり、激しいめまいや動機、死んでしまうんじゃないかと思うほどの恐怖で部屋にこもりがちになっていました。(このころは彼女と二人で暮らしていました)

●パニック障害と診断

もう自分一人では何もできないほど重症化してしまった私はついに精神科にいくことにしました。彼女に付き添ってもらい近くの精神科へ行き診察をしてもらいました。

ここでやっと『パニック障害』と診断されました。

ここまで来るのに症状がでてから2カ月以上たっていました。

今思うとはじめに検査した先生にすすめられたときに精神科に行っていればこんなに重症化する前に対処出来たかもしれません。

みなさんも「なにかおかしいな?」と感じたら迷わずまずは病院に行くことをおすすめします。

精神科は抵抗がある方もいると思いますが、精神病は誰でもなる可能性がある病気なので恥じる必要はまったくありません。

次の記事に続きます。

【治療法】パニック障害 適切な治療の流れと心構え

【パニック障害】自力で治す生活改善法

-メンタルヘルス
-,

Copyright© ニコまお ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.