メンタルヘルス

【心の健康チェック】この症状 もしかしてパニック障害かも?

「最近体の調子がなにかおかしい。」と感じているあなた。その症状『パニック障害』ではないですか?

パニック障害は早期発見、早期治療が大事です。以下のような症状が見られたら一度、精神科医に診てもらったほうがいいかもしれません。

パニック障害からくるパニック発作の症状

なんの前ぶれもなく、次のような症状が不意に突然起こる。

○動悸(心臓がドキドキ、心拍数の増加)

○冷や汗

○手足の震え

○呼吸困難、息苦しい

○胸の痛み、不快感

○吐き気

○めまい

○気が狂ってしまうんじゃないかという恐怖感

○死んでしまうんじゃないかという恐怖感

○悪寒、または体の火照り

上記の症状がほぼ同時に3・4つ以上現れる現象が何度かある方はパニック障害の恐れがあります。すぐにお近くの精神科に診てもらうことをおすすめします。

パニック発作が起こりやすい状況

パニック発作は閉鎖された空間(逃げだせない場所)で起こることが多いようです。

●電車に乗っている時

●車の運転中(特に渋滞)

●飛行機に乗っている時

●橋を渡っている時

●コンビニなどのレジ待ち時

●家でテレビを見ている時

●美容院

●歯医者

●映画館

●会議中

●人と話している時

このような状況にあるとき、上記にあった症状がある場合はパニック障害の疑いがあると言えるでしょう。

まとめ

初めにも言いましたが、パニック障害は(どんな病気でもそうですが)早期発見、早期治療がものすごく大事です。私も精神病と疑わず何日も放置したせいでかなり重症化しました。

自分の体の異変に誰よりも早く気付けるのは自分だけです。どうか少しでも異変に気付いたら迷わず専門医に診てもらいましょう。

【治療法】パニック障害 適切な治療の流れと心構え

【パニック障害】自力で治す生活改善法

-メンタルヘルス
-,

Copyright© ニコまお ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.