メンタルヘルス

【治療法】パニック障害の適切な治療の流れと心構え

ある日突然、体調が悪くなり病院に行っても異常が見つからずどうしていいかわからなくて困っている方も多いと思います。

こんな症状ならパニック障害かも?セルフチェック

そんな時にどのような流れで治療していったらいいかの流れを大まかに説明していきます。

パニック障害かな?と思ったら

治療を受けるにはどこに行けばいいの?

上記のセルフチェックでもしパニック障害かなと思ったら専門医のいる精神科にいきましょう。パニック障害は心の病気なので心の病気を診るのは精神科です。

●病院の探し方

精神病院と聞くと初めは偏見などもあり一歩踏み出しにくい方もいるかと思います。なのでまずは通いやすい距離の病院をネットなどで調べて電話をしてみましょう。しばらく病院に通うことになると思いますので通いやすさで選んだほうがいいかもしれません。もちろん先生も大事で自分に合った信頼できる先生を探しましょう。合わないなと思ったら迷わず病院を変えるのもいいかもしれません。(一度信頼できる病院を決めたらあまりコロコロ転院するのはおすすめしません)かかりつけの内科病院があるのであれば相談すればおすすもの精神科を紹介してもらえる場合もあります。

診察を受けていくにあたって

診察してもらう病院がきまり、自分にあう医師がみつかって、診察を受けていくにあたって大切なことは「主治医を信頼する」ことです。自分の病気についての説明をしっかり聞き理解し、薬や治療法などわからないことがあれば素直に先生に聞きましょう。先生を信頼して何事も隠さずに話すことも大切です。時にはプライベートな事も聞かれますが医師には「守秘義務」というのがあり患者の秘密を守る法律がありますので恥ずかしがらずありのままの自分を話しましょう。そして先生と2人で協力して治していこうという気持ちであせらず、時間がかかっても根気よくゆっくり治療に取り組みましょう。

とくに気を付けないといけないのは、自分勝手にネットで調べた情報などで薬の服用をやめたり、少し良くなったからといって勝手に薬を減らしてしまったりすることです。自分の勝手な判断で薬をやめたり減らしてしまったりしてしまうと、医師は正しい判断ができず、その結果かえって病気が長引いたり再発したりしてしまいます。

薬は医師の指示どうりに服用し、薬を飲んでいても症状が改善しない時や、副作用が気になるようでしたら医師に相談してみましょう。人によっては合う薬が違いますので色々試してみる必要があります。

まとめ

パニック障害は慢性化する病気です。治療をし薬を飲んだからといってすぐに良くなるというのは少ないと思います。よくなったりわるくなったりを繰り返しゆっくりとよくなっていくものなのでもし悪化してしまったとしても、あせったり自分を責めてしまったりせず、「ここまでよくなった。これが出来るようになった」などポジティブな面探して自分をほめていってください。そうすることで治療の効果を実感していけるでしょう。

パニック障害になると「一生こんな生活で苦しむのかな」と絶望してしまうでしょう。私も絶望し「こんな状態が一生続くなら死んでしまいたい」とさえ思っていました。しかしそう思っていること自体が病気の症状ですのでパニック障害が治ればかならず元の生活に戻れます。希望を持ちあせらずゆっくりと治療にとりくんでください。

-メンタルヘルス
-,

Copyright© ニコまお ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.