子育て

【臨時休校】突然の休みに注意すること

こんにちは。ニコまおです。

コロナウイルスの感染拡大を受けて全国の小・中・高校の臨時休校が政府により要請されました。

それによりはやい所で3月3日から臨時休校が始まりました。

突然の子供が休みになり、共働きの家庭などでは混乱されていると思います。

この記事では臨時休校中に注意すべき事を3つ紹介します。

臨時休校時に気を付ける3つの脅威

①コロナウイルス感染の脅威

まず第1にコロナウイルス感染の注意です。

そもそも臨時休校というのは「コロナウイルス感染拡大防止」を目的として要請されたものです。

なのに退屈だからといって、人の多い公園に遊びに行ったり、ショッピングモールに買い物に行くなどしていては学校に行っているより感染のリスクが高まってしまいます。

今回の感染拡大が落ち着くまでは不要不急の外出は避けましょう。

②犯罪者の脅威

2つめは犯罪者の脅威です。

大災害時など、こういった世間がパニックになっている時は詐欺や強盗などの犯罪者が急増します。

とくに小学校低学年の子供たちのケア、犯罪者からだれが守るのか等までは政府は対策できていません。

よく家族で話し合い、自己防衛を心がけましょう。

③子供の学力低下

3つめは子供の学力の低下です。

学校によっては約1カ月も多い休みになってしまいますので、当然やるべき教育が遅れてしまいます。

宿題を出すなどして対応していいるようですが、突然のことだったので、効果的な対応はされていないのが現実です。

外に出かけられず、ゲーム漬けの子供が増えてしまうおそれがあるので

教育のほうもしっかり各自で考える必要があります。

まとめ

政府は今コロナウイルス感染拡大防止を第一に考え、そのほかの問題は対応できていないのが現状です。

自分たちの身は自分たちで守り、足りなくなってしまう学習時間は家での学習でしっかり補うなど

ただ休みを過ごすのではなく有効かつ安全にすごしましょう。

-子育て
-

Copyright© ニコまお ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.