メンタルヘルス

【産後うつ病】出産後うつ病にならないための心構え

こんにちは。ニコまおです。

今回は、私の友人も患ってしまい、閉鎖病院に入院まで重症化してしまった『産後うつ病』についての記事です。

この記事を見て、これから出産の方や、その旦那さんに『産後うつ病』がどのような病気で、どう予防すればいいかの参考にして下さい。

『産後うつ病』について

産後うつ病とは以下のような病気です。

産後うつ病とは

出産をした女性100人中10~15人に起こるうつ病のことです。その症状は産後以外の時期のうつ病とあまり変わりません。気分の落ち込みや、その他の症状が少なくとも2週間続きます。症状の重さによっては、自分自身や赤ちゃんの世話をするのに苦労するでしょう。ちょっとした作業でも大変だと感じることもあります。

産後うつ病の原因が明白な場合もありますが、必ずしも原因があるわけではありません。赤ちゃんが産まれ、幸せになれると楽しみにしていたのに、心苦しく感じ、またそう感じてしまうことに罪悪感を抱くかもしれません。しかし、産後うつ病は誰にでも起きうることで、あなたのせいではありません。

援助を求めるのに遅すぎることは決してありません。しばらくの間うつ状態であったとしても、やがて快方に向かいます。あなたに必要な援助は症状の重さによって決まります。軽度の産後うつ病であれば、家族や友人からさらに支援してもらうことでよくなります。

状態がもっと悪い場合には、かかりつけ医や保健師の援助が必要になります。産後うつ病が重症の場合には、精神保健サービスからケアや治療を受ける必要があるかもしれません。

Royal College of Psychiatrists

産後うつ病が起きる時期

産後うつ病が起きる時期はさまざまで、産後1~2ヶ月以内に起きることがよくあります。出産後数ヶ月してから起こることもあります。産後うつ病にかかった女性の3分の1は妊娠中に症状が始まり、出産後もその症状が続きます。

産後うつ病の症状

産後うつ病になると以下のような症状があります。

主な症状

  • 気分が落ち込む
  • イライラする
  • 疲れる
  • 眠れない
  • 食欲が減る(増す)
  • 何も楽しむことができない
  • 性欲がなくなる
  • マイナス思考
  • 罪悪感

そして、出産したばかりのお母さんは産まれてきた赤ちゃんの健康状態を心配します。(これは当たり前であり、ごく普通の事です)

しかし産後うつ病になるとこれらを必要以上に心配し、異常な不安を感じてしまいます。

  • 赤ちゃんは重病にかかっている。
  • 赤ちゃんの体重が十分に増えない。
  • 赤ちゃんが泣いてばかりで、自分ではあやすことができない。
  • 赤ちゃんがあまりにも静かなので、呼吸が止まったのではないか。
  • 自分が赤ちゃんに危害を加えるのではないか。
  • 自分は身体的な病気にかかっている。
  • 自分の産後うつ病は決して良くならない。

また、赤ちゃんと二人きりになると不安を感じ以下のような症状が出ます。

不安症状

  • 脈が速くなる。
  • 心臓がどきどきする。
  • 息苦しい。
  • 汗ばむ
  • 心臓発作を起こしたか、倒れるのではないかと心配なる。
  •  

さらに重症化すると、そのパニック発作が起きることをおそれ、外に出かけるのを避けるようになり、親や友人と会うことも避け、一人で閉じこもり絶望的になってしまいます。

 

産後うつ病の原因は?

産後うつ病の原因については、これまでに数多く挙げられています。原因はおそらく一つではありません。異なる多くのストレスが重なった結果、発症に至ります。

以下に当てはまる場合、産後うつ病によりかかりやすくなります。

  • うつ病などのこころの健康上の問題の既往歴がある。
  • 妊娠中にうつ病や不安障害になったことがある。
  • 家族や友人からのサポートがない。
  • 身近な人の死・友人や配偶者(パートナー)との別離・失業など、ストレスを感じる出来事が最近あった。

産後うつ病ははっきりとした理由や原因がなく始まることもあります。これまでに挙げた問題を抱えているからといって、必ず産後うつ病にかかるわけではありません。

産後うつ病は予防方法

産後うつ病の予防に関してはまだはっきりわかっていません。

ですが、次のような項目に気を付けると、心の健康状態を保つのに役立ちます。

ココに注意しよう

  • 完ぺきになろうとしない。
  • 頑張りすぎない。
  • おなじ境遇の新米ママと友達になる。
  • 友人や家族を思い切り頼る。
  • もし鬱病を患っていたら医師の指示を守る。

なにより自分の体の異変に気付くことが大切です。

ただ産後で気持ちが落ち込んでいるだけだと無理をせず、おかしいと感じたらまわりの人に相談し、病院で診てもらうようにしましょう。

産後うつ病の治療法

産後うつ病の治療法には

  • 対話療法
  • 薬物療法

などがあります。

対話療法

どんなうつ状態にあったとしても、自分の感情について話すことは役立ちます。時には、親しい人に自分の感情を表現するのが難しいことがあります。訓練を受けたカウンセラーやセラピストへは、話しやすいです。自分がどう感じるのかを誰かに話すことで、安心感が得られます。また、自分自身の困難な問題を理解するのに役立ちます。

今では多くの診療所でカウンセラーが働いています。地域によっては、訓練を受けた保健師が自宅でカウンセリングを行うこともできます。

また、より専門的な心理療法があります。認知行動療法(Cognitive behavioural therapy; CBT)は、あなたの思考の癖や行動パターンが、どのようにあなたをうつ状態にしているのかを理解するのに役立ちます。その他の症状に良い影響を与える考え方に変える方法を学ぶことができます。その他の心理療法は、あなたの人間関係や過去の出来事の観点からうつ病を理解するのに役立ちます。

最近出産した人は、通常よりも早くカウンセリングや心理療法サービスを受けられることもあります。地域のサービスについてかかりつけ医や保健師にたずねてみましょう。

薬物療法

さらに重いうつ病の場合や、支援・対話療法では改善しない場合には、抗うつ薬が役立つでしょう。

抗うつ薬には数種類あります。すべて同じようによく効きますが、副作用はさまざまです。依存性がある薬ではありません。薬剤はすべて産後うつ病に使用できますが、授乳している場合には、中でもより安全な薬剤がよいでしょう。

抗うつ薬は効き目が現れるまでに少なくとも2週間かかります。気分が良くなった後も、約6ヶ月服用する必要があります。

配偶者(パートナー)、家族、友人ができる支援

  • 配偶者(パートナー)、友人または家族が産後うつ病であることを伝えられてもショックを受けたり落胆したりしないでください。これはよくあることで、効果的に治療できるものです。
  • 産後うつ病についてきちんと理解しましょう。もっと情報が必要な場合には、保健師またはかかりつけ医にたずねてください。
  • ともに時間を過ごすだけでもうつ状態の人にとって手助けになります。話を聞き、励ましや支援を申し出ることが重要です。良くなると言って安心させてあげましょう。
  • 配偶者(パートナー)、家族または友人が「生きていたくない」と話したり、自傷行為について話したりする場合には真摯に受け止め、本人が緊急の支援を得られるよう確認しましょう(上述した緊急治療の項を参照してください)。
  • 必要な支援や治療を受けるように配偶者(パートナー)、家族または友人に勧めましょう。治療について何か不安なことがあれば、医師と話し合いましょう。
  • 実際に支援できることは、何でもしましょう。ミルクをあげる、おむつ換え、買い物、料理、または家事が含まれます。
  • もしあなたが母親の配偶者(パートナー)である場合には、あなた自身もきちんと支援を得ましょう。
  • もし一人目の赤ちゃんの場合には、赤ちゃんと配偶者(パートナー)の両方の要求のために窮屈に感じるかもしれません。でも怒らないようにしてください。配偶者(パートナー)はあなたの支援を必要としているのです。
  • 父親も子どもが生まれた後にうつになることがあります。母親が産後うつ病であると、その可能性は高くなります。もしあなたが父親で、自分がうつであると思う場合には、かかりつけ医に話してください。必要な支援を得ることはあなた自身と家族にとって重要なことです。

おすすめサプリメント

まとめ

子育ては本当に大変です。

私の友人は5年間不妊治療を頑張り、誰よりも子供を望んでやっと産まれてきた子供を愛し、全部自分で背負いこんでしまい、心が壊れ、閉鎖病棟に入院して今は子供と会っていません。

自分の子供なのですべて自分の責任で頑張りすぎてしまう気持はわかりますが、なにより自分を大切にして、つらい時はまわりに頼ってください。

あなたが健康でいる事が、赤ちゃんにとっても1番の幸せになります。

参考:Royal College of Psychiatrists

-メンタルヘルス
-

Copyright© ニコまお ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.